治療内容

◆微弱電流治療   アキュスコープ
人体の細胞の持つ電気的性質(生体内電流)を正常、活性化させることを目的としたものです。人体には微弱なマイクロアンペアーが流れていて、これを生体電流と呼び、体内の各器官や組織はこの電流の振動や特性を持っています。体内にはこの生体内電流のプラス電位とマイナス電位が普段、ある一定の割合で存在していますが、損傷することで、マイナス電位がその損傷部位に集まることが分かっています。そうすると交感神経が興奮し、痛みとなって感じます。アキュスコープでは器械自身が患者の体内に存在する病理的振動を読み取る機能(テスト電流)が存在し、それを体内に送ることで、256種類の体内情報を読み取ることができます。この情報によって、異常波をキャッチし、それとはまったく正反対の波形(治療電流)を出力。乱れた異常波を打消し、正常な波形に戻すことで、痛みの軽減、消失だけでなく、組織の修復、再生(自己回復力)を電気的に高めることができます。
急性期の炎症を抑える器機で疼痛改善の効果は絶大です。
◆超音波治療   イオノソンEX
慢性期疾患に特に効果的です。
適応・・・筋肉痛、神経痛当の疼痛性疾患、温熱を要するほとんどの疾患、新陳代謝促進
超音波振動により強力な生体細胞の高速マッサージを行います。
超音波ビームによる振動により生体分子間に激しい摩擦熱を発生させ生体の新陳代謝を促進し、神経線維を刺激し鎮痛効果ならび病変組織の治療効果を促進させます。