活動の内容

タイトル画像

私たちは次のような気持で取り組みます。

体も心もお互いに補い合って生きていける社会でありたいと願っています。

私たちは、あなたの「目」の代わりになりたいと思っています。

私たちは「声」を大切にします。生の声によってあなたとつながり、

もっと先の社会とつながることができれば幸せに思います。

眼の不自由な方のご希望の情報を、毎日の新聞から集めて、お約束の日時に直接電話で読み上げ、お伝えする活動です。
読み上げを中心に行いつつ、自然に交わされるおしゃべりも大切にしています。

読み上げ提供回数は、今のところ
ボランティアは月に1回又は2回(利用者さんは週に1回)
1回20〜30分程度が基本で行っておりますが、
それぞれの方のご希望により、例えば毎週一回、など変更も可能です。
 
毎日配達される新聞ですので、理想は毎日の提供ですが、
ボランティアと利用者さんとの人員バランスが必要となりますので、
現状はテーマを絞ったチェックの読み上げ利用がほとんどです。

年に数回、ボランティア同士の会合を開いています。
会場は名古屋市瑞穂区社会福祉協議会です。
不定期発行の『声宅たより』でお知らせします。

トップページへ戻る